Case Study(Maintenance)

作業日誌(整備・メンテナンス)

2001年 ダッジラム トラック ブレーキオイル漏れ 修理!

当店の2001年 ダッジラムトラック!

 

ブレーキオイルがダダ漏れです”(-“”-)”

 

 

錆びによる腐食でブレーキパイプに穴が、、、((+_+))

 

しかも!!!

 

漏れている場所が悪く燃料タンクサイドでした、、、。

 

トボトボです(ーー゛)

 

からっぽw

 

ブレーキはスカスカw

 

 

新品に交換です!

 

車種によりますが、大体の車両はブレーキラインKITという物が販売されており

 

同じ形に成形されていますので、わざわざ作らなくても大丈夫です!

 

作っている時間に交換して作業終われますしね!

 

作る工賃考えたら、交換した方が安いかもですw

 

っが!

 

アメリカ製なので多少の成形はこちらでやらないとピッタリとはいきません。

 

意外とちゃんと作られていましたが(´▽`*)

 

 

錆が酷いです”(-“”-)”

 

 

 

燃料タンクを下ろして、、、

 

マスターからリヤブレーキにいっている一番長くてめんどくさいパイプを交換。

 

リヤ左右のホイールシリンダーにいっているパイプも交換!

 

 

ブレーキオイル入れて、、、

 

エア抜きして完了です!

 

バッチリ( `ー´)ノ


2004年 シボレー アストロ エンジンオイル交換!

車検・整備で入庫中のシボレー アストロ!

 

な・なんと!

 

3万キロ程エンジンオイルを交換していないらしいです((+_+))

 

どんだけ汚れたエンジンオイルが出てくるのか楽しみです!w

 

抜いてみると、、、

 

 

わかるでしょうか?

 

ドロドロです”(-“”-)”

 

少しヘドロ化しております、、、。

 

おそらくエンジン内部も相当汚れている模様なので、、、

 

WAKO‘Sのeクリーンプラスを入れておき、次回もう一度エレメント交換します!

 

 

できれば次回3000キロ程度でオイル交換したい所ですね( `ー´)ノ

 

皆さまもエンジンオイルの交換はしっかりとしてくださいね!

 

最悪エンジン本体の損傷に繋がります。


1996年 シボレー K1500 マフラー修理!

車検で入庫中の、、、

 

1996年 シボレー K1500 マフラー修理!

 

マフラーを吊っている釣りゴムが首の皮一枚で繋がっていたので交換です。

 

見ての通り、、、

 

ギリギリです!w

 

左が新品( `ー´)ノ

 

 

1996年から約24年間、、、

 

ご苦労様です(‘◇’)ゞ

 

フロントからリヤエンドまでいくつか付いている吊りゴムですが

 

1つ切れると他に負担がかかるので要注意です!


1997年 ダッジ ダコタ ATF・ATフィルター交換!

車検にて入庫中のダッジダコタ( `ー´)ノ

 

ATFとATフィルター交換です!

 

まずは上からオイルを抜き、オイルパンを外してフィルターの交換をするのですが、、、

 

 

ゲージでの汚れ具合でかなり汚れてるな~とは思ったのですが、、、

 

期待以上でした!w

 

かなり汚れて鉄粉もなかなかのモリモリ具合”(-“”-)”

 

 

交換して不具合が出ないと良いのですが、、、

 

何はともあれこんだけ汚れてくれているとやった感モリモリで気持ち良いですね(*”▽”)

 

 

オイルパンを綺麗にしてフィルターを新品へ(*^^)v

 

 

フィルターも新品で、オイルも綺麗になって、鉄粉も除去してリフレッシュ( *´艸`)

 

エア抜きして、試乗しましたが不具合もなくバッチリです!

 

次回ATFの交換を早めにやりたい所ですね!


1996年 シボレー K1500 水廻り修理! ウォーターポンプ交換!

車検で入庫中の、1996年 シボレー K1500!

 

以前から気になっていた水廻りの修理です!

 

ウォーターネックからの水漏れがメインですが、ウォーターポンプもかなりクタクタなご様子なので交換!

 

ウォーターネックと同時にサーモ+アッパーホース・ロアホースも劣化が酷く交換です!

 

 

ウォーターネックの錆、アッパーホースの劣化が酷いです”(-“”-)”

 

 

 

NEWパーツ( *´艸`)

 

気持ちいいですね(*”▽”)

 

 

内部洗浄をして古いクーラントを吐き出してパーツ取付したらエア抜きして完了です( `ー´)ノ

 

夏はエアコン、冬はヒーターが基本なので、毎年今の時期はヒーターの修理が多いです!

 

水廻りのメンテナンスしっかりしておきましょう!


1995年 サバーバン TBI フューエルプレッシャーレギュレーター OH!

1995年 サバーバン TBIエンジンの整備です( `ー´)ノ

 

フューエルプレッシャーレギュレーターの不良もありついでにスロットルボディOH!

 

 

色々写真撮り忘れなのですが、、、

 

バラしてバラシて、、、

 

ガスケット、ダイアフラム等交換し掃除もしてバッチリです(*^^)v

 

意外とスロットルボディのOHされていない方が多い気がします。

 

綺麗な状態のスロットルボディをあまり見た事がありません”(-“”-)”

 

TBIオーナーの方は一度目視で点検してみましょう!

 

燃料漏れや二次エアーの吸い込み等があるとエンジン不調を招きます(ーー゛)

 

気になる方は一度お問い合わせください!


2009年 キャデラック エスカレード ATF交換!

2009年 キャデラック エスカレード ATF、ATフィルター交換の為入庫です!

 

エスカレードのATF交換の難点、、、

 

オイルパンを外すとき、エキマニにあたります、、、。

 

っがエキマニ外さなくてもオイルパン抜けるのでご安心を( `ー´)ノ

 

 

かなり汚れてます、、、”(-“”-)”

 

鉄粉モリモリですね、、、”(-“”-)”

 

 

オイルパン外してフィルターを交換し、、、

 

オイルパンの掃除も( `ー´)ノ

 

 

綺麗になりました!

 

新しいガスケットに交換し取り付けて、、、

 

ATF注入!

 

試乗して油量の確認し完了(*^^)v


1996年 シボレー アストロ リーフスプリング ブッシュ交換!

リフレッシュ中のシボレーアストロ!

 

リーフのブッシュ交換です( `ー´)ノ

 

カチカチのグズグズです”(-“”-)”

 

 

車が古いので錆びと腐食が酷く1つ1つの部品の動きが悪くなってきています。

 

90年代の車も今や旧車と言えるくらい古いのでメンテナンスをしっかりしていきましょう!


1996年 シボレー アストロ オイルクーラーホース交換!

色々修理中のアストロです( `ー´)ノ

 

ズルズルになったオイルクーラーホース交換しました!

 

 

新品は良いですねー(*”▽”)

 

アメ車は、オイルクーラーに限らずホース類はよく漏れます。

 

にじみ等が出てきたら交換オススメです(;´Д`)

 

メンテナンスはしっかりしておきましょう!!!


1994年 C1500 バックランプ交換!

車検準備中のC1500( `ー´)ノ

 

ライト廻りの点検中、、、

 

本体不良の為バックランプ不点灯”(-“”-)”

 

交換です!!!

 

 

新しい物は今までより少しスリムな物へ(*^^)v

 

 

点灯確認して、、、

 

バッチリです!